Tokyo Underworld: The Fast Times and Hard Life of an American Gangster in Japan


Robert Whiting ・ Vintage


2000
2000
Book
Years 12+
English
United States
Pages : 400 pages


Kashidashi Items
Harry Potter and the Half-Blood Prince Harry Potter and the Deathly Hallows Harry Potter and the Order of the Phoenix Harry Potter and the Chamber of Secrets Harry Potter and the Sorcerer's Stone Harry Potter and the Goblet of Fire



第二次大戦後の日本における組織犯罪台頭の歴史を描く中で、著者のロバート・ホワイティング(日本野球についての優れた本『You Gotta Have Wa』の著者でもある)は、日本の政界と社会全体においてヤクザが絶大な影響力を持つようになったことと、一度は被占領国であった日本が世界でも有数の経済大国に上り詰めたことは、アメリカの力に負うところが大きいと言う。 ホワイティングが主役に選んだ、実在の人物ニック・ザペッティは、まだ占領地であった東京を訪れ、そこに居残ることを決意する。はした金狙いの詐欺家業で一花咲かせようとしていたが、だらだらと続いていた支払い不能の状態によって我に返り、ザペッティは思いつきでレストランをオープンする。困難を乗り越え、「ニコラスピザ」は東京に住む外国人、野球選手、芸能人、政治家、そしてもちろん地元の暴力団員が集まる50年代の人気スポットとなった。異国の地にレストランを開いた、容易には信用しかねる人物、ザペッティの経営者としての古き良き日の冒険が、この実話の骨子となっている。背後からいつ刺されてもおかしくないような野蛮な環境、ビジネス社会の不正取引など、ヤクザ社会と区別がつかないほどオーバーラップすることが多く、どこでひとつのエピソードが終わって、また次が始まったのかが判然としない。しかし、ホワイティングは巧みに、彼が言うところの「壮大なる富の移行(アメリカから日本へ資本を移すこと)」の過程を詳細に描き出している。なぜアメリカの外交政策(そして共産主義への恐怖)が、知らず知らずのうちに日本へ富を移行させることに甘んじてしまったかを解き明かす。ホワイティングの文体は、啓蒙的で、人を引きつける力を持っており、彼の結論は日米両サイドから聞こえてくる、保護主義者が使うような安易な表現を裏切ってくれる。 一方、ザペッティは最終的に日本国籍を取り、妻の姓を名乗るようになる。健康状態の悪化と、ピザ帝国の経済的崩壊によって夢破れ、やがて極端な日本嫌いになる。「あんた、映画の『リオ・ブラボー』を見たことあるかい?」ホワイティングは、ある夜ザペッティが外国人客のひとりに話していた言葉を引用する。「いやらしい目つきのカウボーイがたんつぼに金を投げ込んで、町の酔っ払い役のディーン・マーチンがそれにへつらうシーンを覚えているか?それが、日本人が望む外人のイメージだ。日本人は俺たちにディーン・マーチンのようにぺこぺこしてもらいたいのさ」 "A fascinating look at some fascinating people who show how democracy advances hand in hand with crime in Japan."--Mario Puzo In this unorthodox chronicle of the rise of Japan, Inc., Robert Whiting, author of You Gotta Have Wa, gives us a fresh perspective on the economic miracle and near disaster that is modern Japan. Through the eyes of Nick Zappetti, a former GI, former black marketer, failed professional wrestler, bungling diamond thief who turned himself into "the Mafia boss of Tokyo and the king of Rappongi," we meet the players and the losers in the high-stakes game of postwar finance, politics, and criminal corruption in which he thrived. Here's the story of the Imperial Hotel diamond robbers, who attempted (and may have accomplished) the biggest heist in Tokyo's history. Here is Rikidozan, the professional wrestler who almost single-handedly revived Japanese pride, but whose own ethnicity had to be kept secret. And here is the story of the intimate relationships shared by Japan's ruling party, its financial combines, its ruthless criminal gangs, the CIA, American Big Business, and perhaps at least one presidential relative. Here is the underside of postwar Japan, which is only now coming to light.